病院指標

平成27年度 病院指標
平成28年度 病院指標

平成29年度 益田地域医療センター医師会病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 38 51 99 217 379 577 333

【定義】
平成29年4月1日から平成30年3月31日に退院された患者様のうち、一般病棟に入院歴がある患者数を10歳刻みの年齢で集計したものです。90歳以上は1つの階級としています。

【解説】
病院のある島根県益田市の高い高齢化率を反映した分布になっています。最多階級は80歳代で全体の34%(前年度35%)を占めています。90歳代以上を合わせると、70歳代以上が全体の75%を占め、高齢者が多いことがわかります。小児科を標榜していないため10歳未満および10歳代は極端に少なくなっています。

※患者数が10未満の項目については公表していません。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

<内科>

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 副傷病なし 88 18.99 20.83 4.65% 87.31
100380xxxxxxxx 体液量減少症 65 23.48 9.16 6.15% 86.08
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 処置1あり 37 2.00 2.07 0.0% 56.49 患者用パスNo.21
050130xx99000x 心不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 34 38.85 17.71 5.88% 92.56
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 32 32.13 12.34 3.13% 89.91

【定義】
各診療科別に患者数の多かった傷病の分類について、分類コード、分類の名称、患者数、平均在院日数、全国の平均在院日数、転院率、平均年齢を掲載しています(分類は国際疾病分類ICD10による。「患者用パス」とは「入院から退院までの診療計画」のこと)。
※婦人科は該当患者数が10未満のため公表せず

【解説】
高齢の患者様が多いため、誤嚥性肺炎(飲食物を飲み込む機能が衰えている人が起こしやすい)が多くなっています。「体液量減少症」は「脱水症」等のことです。心臓の機能が低下して、体に十分な血液を送り出せなくなった状態を「心不全」と呼びます。免疫力の低下している高齢者に比較的多い「腎臓または尿路の感染症」(腎臓、腎盂、尿管、膀胱、尿道、前立腺などの感染症)も多くなっています。
いずれの場合も、入院治療を必要とした主な傷病の治療が終わった後、必要に応じてリハビリテーションや在宅復帰の準備、療養を目的に、転棟の上入院を継続する場合もあるため平均在院日数が長くなっています。
また当院では1泊入院で睡眠時無呼吸症候群の検査を行っています。早期発見することで、生活の質を向上させ心疾患や脳血管疾患リスクを低下させることができます。

※患者数が10未満の項目については公表していません。

<外科>

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx99x8xx 乳房の悪性腫瘍 手術なし 処置2あり 19 4.05 7.86 0.0% 63.89
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 副傷病なし 18 29.28 20.83 11.11% 89.17
06007xxx9907xx 膵臓、脾臓の腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2あり 15 5.33 6.31 0.0% 77.47
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 15 16.07 8.98 0.0% 77.20
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 処置2あり 副傷病なし 14 5.00 4.47 0.0% 77.86

【解説】
「乳房の悪性腫瘍」「膵臓、脾臓の腫瘍」「結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍」は化学療法目的の入院であるため、平均在院日数が短くなっています。化学療法は投薬期間(数日間の入院)と休養期間(在宅生活)を繰り返して行われることが多いため、一人の患者様が複数回入院しています。
また、ここに挙がっている「ヘルニアの記載のない腸閉塞」は、手術に至ることなく軽快した腸閉塞です。
外科に「誤嚥性肺炎」の患者数が多い要因として、内科医不足により、内科系疾患を外科で担当していることが挙げられます。

※患者数が10未満の項目については公表していません。

<整形外科>

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 81 48.60 19.94 0.0% 85.35
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 手術あり 53 57.66 27.09 20.75% 84.75
160980xx99x0xx 骨盤損傷 手術なし 処置2なし 19 75.37 19.97 5.26% 84.21
070350xx99xxxx 椎間板変性、ヘルニア 手術なし 18 21.61 8.83 11.11% 64.89
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 13 16.62 5.21 0.0% 69.69

【解説】
「胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む)」は胸椎や腰椎の骨折等のことです。「股関節大腿近位骨折」は大腿骨頚部や転子部骨折等のことです。「骨盤損傷」は骨盤(仙骨、恥骨等)の損傷、骨折のことです。高齢の患者様が多いことが骨折(骨粗しょう症などにより骨が弱くなっていると、骨折しやすくなる)の患者数に影響していると推測されます。手術後にリハビリテーションや在宅復帰の準備・療養のため転棟する場合もあるため平均在院日数が長くなっています。
「椎間板変性、ヘルニア」は腰椎椎間板ヘルニア等のことであり、本来あるべき位置から椎間板が飛び出して神経を圧迫し、腰や足に激しい痛みやしびれを引き起こす症状を言います。主に痛みをとる治療(ブロック注射等)や投薬を行います。「椎間板変性、ヘルニア」「前腕の骨折」ともに、平均年齢が60代であり、他の疾患に比べて平均在院日数は短くなっています。

※患者数が10未満の項目については公表していません。

<眼科>

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼 434 2.26 2.85 0.0% 74.29 患者用パスNo.2
患者用パスNo.3
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 手術あり 両眼 10 4.00 5.90 0.0% 70.60 患者用パスNo.58

【解説】
ほとんどが白内障の患者様です。片眼の白内障で入院、手術を受けられた患者様が434名、両眼の白内障で入院、手術(両眼)を受けられた患者様が10名おられました。
当院は開放型病院であり、会員の眼科医と当院の医師が共同で診療にあたっています。

※患者数が10未満の項目については公表していません。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌
大腸癌 47 2 17
乳癌 23 2 7
肺癌
肝癌

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

【定義】
5大がんと呼ばれる胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がんの患者数を初発のUICC病期分類別、および再発にわけて集計しています。
UICC(国際対がん連合)が定めた腫瘍の病期分類があり、T(原発腫瘍の拡がり)、N(所属リンパ節転移の有無と拡がり)、M(遠隔転移の有無)を評価し、それを指標にがんの進行度と拡がりの程度を、一度に表わすことが出来るように作られたものがStage分類です。
Stage分類は、がんの進行状態を示すものであり、0期からⅣ期の5つに分類されます。0期に近いほど、がんが小さくとどまっている状態であり、Ⅳ期に近いほどがんが広がっている状態となります。

【解説】
当院は島根県よりがん診療連携拠点病院に準ずる病院の指定を受け、がん治療を提供しています。
入院による治療だけではなく、外来で通院による治療も行っています。 当院では緩和医療やターミナルケアの割合が多く、初回治療としての症例は多くありません。また再発した場合には化学療法が治療の主体となります。再発患者数については、入院で化学療法を数回繰り返して行われていることを指しています。(一連の治療として数回繰り返して行われるのが一般的です。)

※患者数が10未満の項目については公表していません。

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症
中等症 30 17.47 83.90
重症
超重症
不明

【定義】
入院のきっかけとなった傷病名および入院中の最も主要な傷病名が「成人の市中肺炎」にあたる、重症度別患者数、平均在院日数、平均年齢です。(誤嚥性肺炎は除外しています。)
重症度分類はA-DROPスコアを用い、軽度~超重症の4段階で表記しています。重症度分類の各因子が一つでも不明な場合は「不明」と分類しています。

肺炎の重症度分類(A-DROP)
①男性70歳以上、女性75歳以上
②BUN(尿素窒素) 21mg/dL以上、または脱水あり
③SpO2(酸素飽和度) 90%以下(PaO2〈動脈血酸素分圧〉 60Torr以下)
④意識障害あり
⑤血圧(収縮期)90mmHg以下
※5点満点で、1項目該当すれば1点、2項目該当すれば2点。

軽 症:0点の場合。
中等症:1~2点の場合。
重 症:3点の場合。
超重症:4~5点の場合。ただし、ショックがあれば1項目のみでも超重症とする。
不 明:重症度分類の各因子が1つでも不明な場合。

【解説】
成人市中肺炎の罹患者のほとんどは高齢者です。重症度で見ると患者数が最も多いのは重症度1~2(中等症)となっています。当院の立地条件や特性、地域性により重症度に関わらず、入院治療を行っています。

※患者数が10未満の項目については公表していません。

脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率

【定義】
入院中の最も主要な傷病名が脳梗塞であったものを対象に患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を集計しました。

【解説】
当院では症例数の少ない傷病です。

※患者数が10未満の項目については公表していません。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

<内科>

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 19 96.74 357.95 5.26% 80.63 患者用パスNo.19
患者用パスNo.30

【定義】
各診療科別に患者数の多かった手術名称について、患者数、平均術前日数、平均術後日数(術前・術後とも手術日は含まない)、転院率、平均年齢、患者用パスを掲載しています。
また軽微とされる手術(創傷処理、皮膚切開、非観血的整復術等)は除外しています。
※外科、婦人科の手術件数については該当患者数が10未満のため公表せず

【解説】
胃瘻造設術は、様々な理由により経口から栄養摂取ができなくなった場合に、胃に直接チューブを通し栄養を投与できるようにするための手術です。併設の介護療養型医療施設や特殊疾患病棟で長期間入院している患者様が胃瘻造設をされることも多いため、術前・術後ともに在院日数が長くなっています。

※患者数が10未満の項目については公表していません。

<整形外科>

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 43 5.33 57.21 18.60% 84.49
K0811 人工骨頭挿入術(股) 14 9.29 56.57 21.43% 85.43
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕) 13 1.08 3.77 0.0% 63.38
K0462 骨折観血的手術(下腿) 10 5.20 57.50 0.0% 69.90

【解説】
大腿骨の骨折が多いため、その治療として行う「骨折観血的手術」・「人工骨頭挿入術」が多くなりました。転院率については、精神科病院への再入院や、術後に長期療養が可能な病院への転院が必要となったことなどがあげられます。

※患者数が10未満の項目については公表していません。

<眼科>

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 441 0.27 1.03 0.0% 74.19 患者用パスNo.2
患者用パスNo.3
患者用パスNo.58
患者用パスNo.65

【解説】
白内障に対する手術を441件行いました。ほとんどの場合、入院当日に手術、翌日退院となります。当院は開放型病院であり、会員の眼科医が当院の施設を利用して手術を行います。

※患者数が10未満の項目については公表していません。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる

【定義】
入院のきっかけとなった傷病名および入院中の最も主要な傷病名が「播種性血管内凝固」、「敗血症」、「その他の真菌症」、「手術・術後の合併症」について患者数をカウントし、全患者に対する発症率を算出しています。入院のきっかけとなった傷病名と入院中の最も主要な傷病名が同一か否かで集計をしています。

播種性血管内凝固   :感染症などによって起こる、全身性の重症な病態です。
敗血症          :感染症によって起こる、全身性炎症反応の重症な病態です。
真菌症          :真菌(カンジダ、アスペルギルスなど)による感染症です。
手術・処置などの合併症:手術や処置などにより一定割合で発生してしまう病態です。術後出血や創部感染などが挙げられます。

【解説】
当院では症例数の少ない傷病です。

※患者数が10未満の項目については公表していません。

更新履歴
2018/09/27
平成29年度 病院指標ページ公開