省エネ・CO2削減への取り組み

当院では20年度末に省エネ・CO2削減を目的に「ESCO事業」で改修工事を行い、環境への配慮にも取り組んでいます。

業務用エコキュート設置


重油でボイラーを運転し蒸気で給湯加熱している既設の系統にエネルギー単価が安いエコキュート(電気式高効率ヒートポンプ)を設置し、既設の貯湯槽を経由し院内に供給、エコキュートのタンクの湯を使いきり供給温度が下がった場合、ボイラーで加熱するシステムに改修し重油の消費量を削減。

小型貫流ボイラー更新

エコキュート設置に伴い、蒸気使用量が減る事となりボイラーの小型化が可能であり、また、既設のボイラーの更新時期が近づいていた事から小容量高効率ボイラーに更新し重油の消費量を削減。

空冷冷房専用チラーに更新

手術室系統の空調機に冷水を供給している既設の水冷式チラーが更新時期である事、最近の機器と比べると効率が悪いため、空冷高効率チラーに更新し電力消費量を削減。

高効率照明器具へ更新


本館棟(ふたば棟、リハビリ棟以外)の40Wの照明器具943個と誘導灯76個を高効率照明器具へ更新し電力消費量を削減。

導入効果