回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟とは 厚生労働省が定める特定の状態の患者様に対して、医師・看護師・ケアワーカー・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・薬剤師・管理栄養士・医療相談員などがチームを組み、決められた入院期間内でリハビリテーションを集中的に行います。起き上がりや歩行などの基本動作、食事やトイレなどの日常生活動作(ADL)の向上を目指し、在宅復帰・社会復帰を図ることを目的としています。機能訓練だけでなくADL訓練も積極的に行い、病棟が日常生活の向上・自立を図る場として位置づけられています。

回復期リハビリテーション病棟入院対象疾患と発症後期間及び入院期間

疾患 入院までの日数 算定上限日数
脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント手術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷等の発症又は手術後、義肢装着訓練を要する状態 2ヶ月以内 150日
高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頸随損傷
頭部外傷を含む多部位外傷の発症又は手術後
2ヶ月以内 180日
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節、2肢以上の多発骨折の発症又は手術後 2ヶ月以内 90日
外科手術又は肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後又は発症後 2ヶ月以内 90日
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経、筋又は靱帯損傷後 1ヶ月以内 60日
股関節または膝関節の置換術後の状態 1ヶ月以内 90日

【注意事項】

  1. リハビリテーションの成果を上げるには、ご家族の励ましや協力が不可欠です。
    ご家族の方には積極的な面会をお願い致します。
  2. 回復期リハビリテーション病棟は疾患別に入院期間が限られています。入院期間は患者様の状態に応じて、入院後に決定します。
  3. 積極的な在宅復帰を望まれない場合や合併症などで全身状態が安定していない或いは専門的な治療を要する場合には、入院をご遠慮頂くことがあります。

回復期リハビリテーション病棟への入院の流れ

  1. 通院又は、入院されている病院から「診療情報提供書」を当院の地域連携室にFAXまたは郵送して頂きます。
  2. 頂いた情報をもとに受け入れ可能かどうかの判定を、医師・病棟師長・医療相談員などで協議させて頂きます。
    必要に応じてご家族との面談をお願いする場合もございます。
  3. 入院をご遠慮して頂く場合は、当院の地域連携室から入院されている病院の相談員に連絡させて頂きます。
  4. 受け入れ可能な場合は、入院の日程が決まり次第、地域連携室の師長から入院されている病院の相談員に連絡させて頂きます。
    • 入院の際、持参して頂く物は以下のとおりです。
    • 診療情報提供書(他科受診をしている場合は、他科の診療情報提供書)
    • 健康保険証、各種公費負担医療受給者証
    • 印鑑(認印で可)
    • 退院証明書
    • 処方されている薬・お薬手帳(お持ちの場合)
    • 入院に必要な物
      • 洗濯物入れ用バケツ
        (2~3日毎には取りに来てください。ご本人、ご家族が洗濯できない場合は、ご相談ください。)
      • フェイスタオル・バスタオル(数枚ずつ)
      • 運動しやすい服(数着)
      • 下着(数枚)
      • オムツ(使用されている場合は持参)
      • 運動靴(着脱しやすい物)
      • 寝間着(パジャマ)
      • やかん又は、ポット
      • コップ(割れにくい物)
      • 歯ブラシ・歯磨き用コップ
      • 義歯がある場合:義歯入れ・義歯洗浄剤

回復期リハビリテーション病棟の入院から退院までの流れ

病棟風景

季節行事

行事を通じて患者様にリフレッシュしていただくのが目的で医師・看護師・療法士など病棟に関わるスタッフも参加し盛大に行われます

大運動会
七夕会:写真右(入院中の患者様がリハビリを兼ねて手品を披露されました)

日常の様子

階段昇降の練習
1階から4階の訓練室までの階段に壁画が描いてあり訓練をする患者様を和ませます
病棟での家事動作訓練
家庭での生活を想定し、食後の食器洗いなどを行います
家族勉強会
疾病の理解や介助方法などの内容で毎週行い、ご家族の方が参加されます
合同カンファレンス
月~金曜日、医師、看護師、ケアワーカー、療法士、医療相談員などが集まりチームカンファレンスを行います
日曜日レクリエーション
毎回沢山の患者様が参加され楽しい一時を過ごされます
療法士の遅出業務
夕食前後の移動や整容を中心に関わっています