高野の肉巻き

 高齢者では加齢とともに筋力の低下や筋肉量が減少しやすく、「サルコペニア」と言われる状態に陥りやすいため、予防には「運動」や「栄養」が重要です。
高野豆腐には、たんぱく質の中でも筋たんぱくの合成に働くアミノ酸、「ロイシン」が多く含まれています。その他カルシウムや鉄分、イソフラボンなども多く含まれていますので、筋力低下予防や骨粗鬆症予防にもおすすめの食品です。
 今回は肉と一緒に中まで煮含めていますが、好みで仕上げに香ばしく照りを付けてもいいですね。付け合わせのパプリカには、ビタミンCが多く含まれていますので、肉や高野豆腐に含まれる鉄の吸収率もさらにアップします。
食材提供:日清医療食品

材料(4人分)

高野豆腐
64g(4個)
豚ももしゃぶしゃぶ用
80g
青しそ
4枚
パプリカ
80g

濃口醤油
16g(大さじ1)
砂糖
6g(小さじ2)
みりん
16g(大さじ1)
だし汁
120cc

栄養成分 1食分

エネルギー
142kcal
たんぱく質
12.7g
脂肪
6.9g
食物繊維
0.7g
カルシウム
112mg
1.4mg

作り方

    下準備

  1. 高野豆腐は水に戻した後、軽く絞り、半分に切り、切れ目を入れます。
  2. 青しそは半分に切り、パプリカはざく切りにします。
  3. 調理

  4. ①の高野豆腐に青しそをはさみ、広げた豚もも肉で巻きます。
  5. 鍋に※の調味料を沸騰し、③の肉巻きを入れて、中火で煮ます。
  6. 煮汁が少なくなってきたら肉巻きを鍋から取り出し、パプリカをさっと煮ます。
  7. 仕上げ

  8. 肉巻きを食べやすい大きさに切り皿に盛り付け、パプリカを添えて出来上がりです。
カテゴリー: 健康食の鉄人 タグ: パーマリンク