つくねきのこのくず汁

秋から冬へと移り変わり、寒さが本格的になってきました。寒さで体が冷えると体調を崩しやすくなります。食事では温かい汁もの、中でもとろみのついたくず汁は冷めにくく、より体の芯から温まりやすいのでおすすめです。血行を良くするしょうがを入れた鶏つくねで、たんぱく質も摂れて栄養価が高く、ボリュームもあり満足感が得られます。きのこをふんだんに使うと風味も豊かになり、食物繊維も豊富です。
寒い冬、くず汁を食べてほっこり温まってください♪
食材提供:日清医療食品

材料(4人前)

しめじ
80g
えのき
120g
生しいたけ
40g
青ねぎ
10g
だし汁
500ml
小さじ1強
片栗粉
大さじ1/2
ゆず皮
適宜

鶏ミンチ
160g
白ねぎ
20g
しょうが
10g
1/2個
小さじ1/6

濃口しょうゆ
小さじ1強
小さじ1/3

栄養成分 1人分

エネルギー
113kcal
たんぱく質
9.2g
脂肪
6.4g
食物繊維
2.9g
塩分
0.9g

作り方

    下準備

  1. 白ねぎはみじん切り、しょうがはすりおろします。
  2. しめじは石づきを切り落とし小房に分け、えのきは根元を切り落とし長さを1/3に切り、生しいたけは石づきを切り落として薄くスライスします。
  3. 青ねぎは小口切りにします。
  4. だし汁をとっておきます。
  5. 調理

  6. ボウルにAの材料を合わせ、なめらかになるまでよくこね、丸く成形し、つくねを作ります。(スプーンですくって落としても良いでしょう)
  7. 鍋にだし汁と酒を入れ熱し、②のきのこを加えて煮立たせます。
  8. ⑤のつくねを加えて蓋をし、火を通します。
  9. Bで味を調え、青ねぎと好みでゆず皮の千切りを加えます。
  10. 片栗粉を同量の水で溶いて加え、全体にとろみがついたら火をとめます。
  11. 仕上げ

  12. 椀に盛って出来上がりです。
カテゴリー: 健康食の鉄人 タグ: パーマリンク