ピーマンの鯵詰め

 EPAという言葉を聞いたことがありますか?これは「エイコサペンタエン酸」という不飽和脂肪酸の略称で、血流を改善し、血栓症を予防するという働きがあり、注目されています。EPAは人間の体内で作り出すことができないため、食事などで摂取する必要があり、主に魚に多く含まれているため、積極的な魚の摂取がすすめられています。
 そこで、ピーマンの肉詰めを魚料理にアレンジしたレシピをご紹介します。今回は春から初夏にかけて旬を迎える鯵を使ってみました。肉を使うよりも、脂っこさがなく、大根おろしとポン酢でさっぱりおいしく頂けます。ひじきを加えることで、食物繊維やミネラルの補給もできるだけでなく、噛み応え・満足感のある一品になります。
食材提供:日清医療食品

材料(4人前)

ピーマン
4個
4尾(240g)
ひじき(乾)
2g
ひとつまみ
片栗粉
小さじ1
小さじ1
大根
60g
ポン酢しょうゆ
小さじ4

栄養成分 1人分

エネルギー
101kcal
たんぱく質
13.3g
脂肪
3.2g
炭水化物
4.6g
食物繊維
1.8g

※合いびき肉だと・・・157kcal、脂質9.8g

作り方

    下準備

  1. ピーマンは縦半分に切り、ヘタと種を除いておきます。
  2. 鯵は骨や内臓を取り除き、包丁でたたくか、フードプロセッサーですり身状にしておきます。
  3. ひじきは水に浸けて、戻しておきます。
  4. 大根は皮をむいて、おろしておきます。
  5. 調理

  6. ②の鯵と③のひじき、塩、片栗粉をボールにいれて、よく混ぜ、8等分にしておきます。
  7. ①のピーマンに、⑤を詰め、形を整えます。
  8. 油を引いたフライパンで両面を焼きます。
  9. 仕上げ

  10. 火が通ったら、お皿に盛り付け、④の大根おろしとポン酢しょうゆをかけて出来上がりです。
カテゴリー: 健康食の鉄人 タグ: パーマリンク