白ねぎのおかか炒め

 冬が旬でよく出回る白ねぎは、鍋料理にもよく使われ、今の時期は口にする機会も多いと思います。煮込むと甘くやわらかな口当たりとなって、なんとも言えぬおいしさですね。
 ねぎは、白根の部分と緑の葉の部分とで含まれる栄養成分が異なり、β-カロテンの豊富な葉の部分は緑黄色野菜、白根の部分は淡色野菜に分類されます。β-カロテンは体内でビタミンAに変換され、皮膚やのどなどの粘膜を健康に保つ働きがあり、感染症を予防する効果があります。また、ねぎ特有の辛味はアリシンによるもので、殺菌・抗菌効果、血行促進作用、疲労回復効果などがあり、寒い冬の風邪予防にはもってこいの食材です。
 このねぎをぜいたくに使って、シンプルな炒め物はいかがでしょう。ねぎの香りが楽しめる、ごはんもすすむ1品です。
食材提供:日清医療食品

材料(4人前)

白ねぎ
320g(約2本)
ごま油
12g(大さじ1)
ひとつまみ
かつお節
適宜

栄養成分 1人分

エネルギー
51kcal
たんぱく質
0.6g
脂肪
3.1g
食物繊維
1.8g

作り方

    下準備

  1. 白ねぎは根元と葉先の汚れた部分を切り落とし、5mm幅程度の斜め切りにします。
  2. 調理

  3. フライパンにごま油を熱し、ねぎを入れて炒めます。
  4. しんなりしてきたら塩を加えて全体に味をなじませます。(塩加減はお好みで調整してください)
  5. 火を止め、かつお節を加えてざっと混ぜ合わせて出来上がりです。
カテゴリー: 健康食の鉄人 タグ: パーマリンク