磯辺揚げ風かきあげ

 ちくわやハムなどの練り製品は手軽に使える食品ですね。これらは食品製造の過程で食塩などの調味料を使用するため、食品そのものに塩分が多く含まれているという特徴があり、食べる量や味付けに使う調味料には注意が必要です。
 今回は、ちくわの磯辺揚げをアレンジし、かき揚げにしてみました。ちくわの塩気と青のりの風味で、味付けは不要です。えのきとおくらを加えることで、ボリュームが出て、食物繊維もたっぷり摂れる1品になります。
食材提供:日清医療食品

材料(4人前)

ちくわ
120g
えのき
80g
おくら
40g
小麦粉
大さじ3
1個
大さじ2程度
油(揚げ用)
適量
青のり
少々

栄養成分 1人分

エネルギー
176kcal
たんぱく質
6.0g
脂肪
11.2g
炭水化物
12.7g
食物線維
1.6g
塩分
0.7g

作り方

    下準備

  1. ちくわとおくらは輪切りにします。
  2. えのきは石づきを切り落とし、3等分の長さに切って、ほぐしておきます。
  3. 調理

  4. ボウルに小麦粉、卵、水を入れて、ダマにならないよう混ぜ合わせます。
  5. ①②を③のボウルに加えて、混ぜ合わせます。
  6. 8等分になるようにスプーンなどですくいながら、中温(170~180℃)に熱した油できつね色に色づく程度に揚げます。
    (※中温の目安 菜箸を入れたときに、箸全体から細かい泡が上がる程度。)
  7. 仕上げ

  8. お皿に盛り付け、青のりをまぶして完成です。
    ※揚げたてのかき揚げに青のりをまぶすと、青のりの風味が引き立って、よりおいしくいただけます。
カテゴリー: 健康食の鉄人 タグ: パーマリンク