作業療法士の作業って?

はじめに

作業療法士(occupational therapist:OT)とはどんな職業かご存知でしょうか。
理学療法士(PT)、言語聴覚士(ST)と共にリハビリテーション職と称されるうちの一つで、厚生労大臣の免許を受けて「作業療法士」の名称を用いて医師の指示のもとに「作業療法」を行うものを指します。
作業療法士はどんなリハビリをする?
作業療法の「作業」とは?
名称だけではどんな職業か分かりにくくよく質問を受けるのですが上手く説明することができないこともあります。なので、今回はこの場を借りて「作業療法」について説明させていただきます。

皆さんは「作業」と聞いて何を想像、連想されますか?

リハビリテーション科の職員に同じ質問を行うと・・・
・農業や工芸などの「物作り」
・掃除や仕事などの「労働」
と言う返答がありました。たぶん多くの方もこのようなイメージを持たれているのではないでしょうか。

作業療法士における「作業」

作業療法の定義として、【身体又は精神の障害に対し、応用的動作能力又は社会的適応能力の回復を図るため、手芸、工作、「その他の作業」を行わせ、「作業」をできるようにすることで人々の健康状態と幸福感の改善をもたらす。】とあります。
難しく書いてありますが定義にある「その他の作業」とは、仕事、遊び、日課、休息が含まれています。作業療法における「作業」には、生活していく中でなにげなく行われている活動すべてを指しているので、「作業」=「生活」と考えて頂くと分かりやすいかと思います。
では、皆さんの1日の生活を振り返ってみてください。
・朝起きて布団から出る。
・着替える。
・トイレに行く。
・朝食を作り食べる。
・後片付けをする。
・歯磨き、洗顔を行う。
・仕事がある方は仕事の準備をし職場へ向かう。
朝起きて家を出るまでの間だけでもこれだけの「作業」を行っています。

作業療法士の行うリハビリテーション

・移動手段や食事動作、トイレやお風呂の使い方など日常生活で必要となる活動について一緒に考える
・家事動作や金銭管理など必要な手段に関して関わりを持つ
・福祉用具などの提案や使用方法の練習
・作業(生活)を行う上での耐久性や動作手順の練習
・就労を考えておられる方には職業に関連した訓練の実施
・退院後の住宅環境(手すりや段差解消など)の提案
・自宅へ訪問し家屋環境下でのリハビリ

終わりに

退院後の生活や身体状態、能力を考え能力の改善、回復から住環境の調節など患者様の生活に密に関わっていくことが出来る職業です。責任のある仕事ではありますが生活を考えていく職種のうちの大切な1つではないかと思います。

 自宅での生活でお困りの事はありませんか?
 住宅の環境で不便な部分はありませんか?

この記事を通して少しでも作業療法士・リハビリテーションに興味をもっていただけたらと思います。

カテゴリー: リハビリ通信 パーマリンク