松葉杖の使い方について

はじめに

杖は、歩行の際に安定性を得たり、体重を保持するために使用します。松葉杖の場合は、他の杖よりも身体に沿う部分が多く杖への荷重が行いやすいため、下肢骨折をした場合等の体重免荷や、支持性拡大を目的として多く使用されています。そのぶん、上肢や体幹の十分な筋力を必要とする事も特徴です。
様々な疾患に対して用いられ、両側・片側で使用する場合や使用する目的によって、いくつかの歩行パターンがありますが、今回は、下肢外傷の際などに当院でも指導する事の多い方法を紹介します。

松葉杖の合わせ方

下図のように、足の前外側15cmのところに杖先を置き、脇の下に指が2~3本分入るくらいの隙間をあけるようにし、肘関節が約30°程度曲がるようにして握り手を持ちます。

松葉杖での歩き方

今回は、左下肢を床につかないで歩行する場合の方法について紹介します。

①まず、脇の下を支点にして松葉杖の先を前に出します。
※杖先を大きく前に出し過ぎるとバランスを崩しやすいので、注意が必要です。
②脇をしめて上腕と体幹で脇当てを挟み、握り部分で体重を支えます。
※このとき、脇の下で体重を支えないようにします。脇に体重をかけて支えると、脇の下を通っている神経を圧迫し、神経障害が生じる事がありますので注意してください。
③右脚を前に出します。
※この時、右足の位置を杖よりも少し前にする事で、バランスを取りやすくなります。 ①~③を繰り返して、歩きます。

階段昇降の仕方

※ここでは、左脚への荷重に制限がある場合の方法について紹介します。
階段昇降については、平地での歩行と比べてより上肢の筋力を必要とし、また、バランスを崩して転倒する危険性が高くなります。慣れない場合は行わないようにしてください。

昇る時:右脚→松葉杖(左脚)の順で行います

①まず、両手でしっかりと支えて、右脚を上の段に上げます。
②そのあと、右脚で支えて松葉杖と左脚を上げます。

降りる時:松葉杖(左脚)→右脚の順で行います。

①右脚で支えて、先に松葉杖と左脚を下の段に降ろします
②松葉杖でしっかりと体重を支えて、右脚を降ろします。

※階段昇降では、松葉杖が段の上側にあると脇に突っかかり、バランスを崩しやすくなって危険ですので、必ず杖が段の下側になるようにします。

最後に

今回は、一部の方法について紹介しましたが、疾患や下肢への荷重制限の程度、使用される方の体調等によっても動作方法がそれぞれ異なってきます。特に使用に慣れていない場合は、転倒する危険が高いですので、医師や理学療法士の指導のもとで松葉杖を使用するようにしてください。

カテゴリー: リハビリ通信 パーマリンク