肩の痛みについて(肩関節周囲炎)

はじめに

肩関節周囲炎は、疾患の概念が明確でなく、俗称として五十肩や凍結肩(frozen shoulder)とも呼ばれている有痛性の肩関節可動域制限である。

五十肩の由来は40~50歳代に好発し肩関節の疼痛と拘縮を生じることからきている。病院などではみる機会の多い疾患のひとつで、腰痛と同様に、二足歩行が可能となり、上肢がより大きな運動範囲をもつことができるようになったために発生しやすくなった人間固有の障害である。

病因

老化やover useに伴う血行障害や運動による機械的刺激が基盤。

主たる病変部位は上腕二頭長頭筋腱やローテーターカフ(主として棘上筋腱)の炎症や癒着。痛みにより肩を動かさず、血行状態を低下させ、拘縮を増悪させるという悪循環を生じやすい。

症状

  1. 痛み(運動時以外に安静にしている時・夜に寝ている時に痛みがあることも特徴。また、頸や腕に放散痛が生じることもある。)
  2. 可動域制限(特に腕を回す動作を強く障害する。)

治療

生活指導、温熱療法、運動療法が主となるが、非ステロイド性抗炎症薬の投与や、副腎皮質ステロイドまたはヒアルロン酸の関節注射も行われる。


今回は理学療法士・作業療法士が主として行う運動療法の中から、自宅でも気軽にできる体操をいくつか紹介いたします。

コッドマン体操(振子体操・アイロン体操)

腕や錘の重さを使って肩関節周囲組織や関節包に伸張を加えます。
基本姿勢:健側の手(良い方の手)を机の上に置き、身体を前傾し患側上肢(悪い方の手を下に垂らす。

  1. 膝を屈伸し上体を揺らすことにより、上肢を前後に振る。
  2. 同様に左右に振る。
  3. 時計および反時計回りに円を描き、徐々に大きくする。
肩の力でなく、あくまで体の反動で行う。ましてや痛みを我慢して行うものではないことに留意する。

棒体操

これは1m程度の長さの棒を使用し、自己他動あるいは自動介助として可動域訓練を行う。
①棒の中ほどを握り、肘を伸ばしたまま棒を高く持ち上げる。

 

②棒の両端を握り、健側の手で棒を横に突き上げるように患側の手を外側へ高く押し上げる。

 

③腰の後ろで手掌を後ろに向け、棒の中ほどを握り、棒を体にこするようにして肘を曲げ、背中の上方へ上げる。

 

その他の器具を使った可動域訓練

壁などを利用して可動域を改善させる方法もあります。
 
指を使って壁を昇るように!!

ここで紹介した事が全てではありません。肩関節周囲炎になった原因や症状は人それぞれ、よって治療も人それぞれです。
肩に痛みや運動障害がみられる場合は、一度お近くの医師や理学療法士・作業療法士へご相談ください。

カテゴリー: リハビリ通信 パーマリンク