家の中は危険がいっぱい

高齢になると、脚力やバランスが低下し、視力なども弱くなります。つまづくことが多くなってきても、転倒しなければ危機感を持てないことが多いようです。骨折の原因のほとんどは、転倒によって起こります。骨折が原因で寝たきりになる可能性は非常に高く、転倒し骨折してしまってから気づいても遅い状態となります。

さて、転倒しないようにするにはどうすれば良いのでしょうか?
“転ばない”体づくりと同時に、ふだんの生活の中にひそむ危険要因を取り除くことが大切です。知らないうちに、転びやすい生活を送っていないでしょうか?

チェックしてみましょう!!

□家の中が散らかっている。新聞や衣服などが床に置いてある。
□電気コードが歩くとき邪魔になっている。
□カーペットがめくれている。マットが動く。
□廊下や階段に物が置いてある。
□浴室・トイレ・階段に手すりがない。
□家の中で照明が暗い所がある。
□普段使うものも台に乗ったり背伸びをしないと届かない場所にある。
□スリッパを履くことが多い。
□玄関の上がり框が高い。
□お風呂場で、タオル掛けや蛇口を手すりにしている。

一つでもチェックがあるときは要注意です。

転ばない環境作りのポイント

段差の解消

敷居などのわずかな段差の解消。大きな段差よりもむしろ、小さな段差につまづきやすいです。
段差解消用具を使うことで解消できます。

三角の形状をしています。木製やゴム製など、材質にも種類があります。

手すりの設置

身体の重心が大きく動く場所、片足立ちが必要な場所といった、トイレ・浴室・階段・玄関、夜間使用するトイレまでの動線上に手すりを設置する必要があります。

整理整頓

  • 整理整頓を心掛けましょう。
  • 足が引っかからないよう通り道にコードを置くのは止めましょう。
  • 普段使うものは、手の届きやすい場所に収納しましょう。

お風呂場

  • 着替えは椅子に座ってしましょう。
  • 浴槽内や洗い場の足元に滑り止めを置き、滑らないよう工夫しましょう。
  • タオル掛けや蛇口は体重が支えきれないので、手すりとしての使用はやめましょう。

その他

  • カーペットやマットはすべらないよう固定しましょう。滑り止めをつけておくと良いでしょう。
  • 照明は明るくしましょう。
  • 玄関での靴着脱の際、バランスを崩さないよう椅子を使用しましょう。
  • スリッパや靴下は滑りやすいです。滑り止め付きの靴下が市販されています。


足裏に滑り止めがついています。5本指や足袋型の靴下もあります。

工夫点

転倒予防には段差を解消することが最も重要ですが、できない場合には、「確認」できるよう、工夫することが大切です。視力の低下によって、段差が見えにくいことも転倒要因になっています。敷居の段差や玄関の上がり框、階段など段差がはっきりと分かるように、境目に目立つ色の滑り止めテープなどを張るだけでも予防になります。

現在の住まいの状態、生活に合わせた工夫で年齢を重ねても自宅で快適に過ごせるよう、住環境整備をはじめましょう。
カテゴリー: リハビリ通信 パーマリンク