座り仕事の大敵から肩を守る!!肩こり解消ストレッチ

肩こりは、どなたも悩まされる症状の一つではないでしょうか?
『国民生活基礎調査(平成22年)』によると肩こりは私たちが日常生活で自覚している症状として女性では1位、男性では2位となっているほどです。原因としては過労や不良姿勢、ストレスなどがあり、またマッサージや内服などさまざまな対処法があります。今回は疲労物質の循環促進に注目し、短時間で1人でもできる首・肩のストレッチを紹介します!

1.首のストレッチ

リハビリ通信H26.06_1
○上半身を真っ直ぐにした姿勢で片手を頭に乗せます。腕で頭を真横に傾けましょう。
○この時顔は正面を向いたまま傾けて下さい。
ポイント:上半身ごと傾けてしまっては首があまり伸びないので姿勢は真っ直ぐで!

2.肩のストレッチ①

リハビリ通信H26.06_2
○手のひらが手前にくるようにして両手を組み前に出します。
○背中を丸めながら伸ばした両腕をさらに前へ伸ばしていきましょう。
ポイント:胸の前に大きなボールを抱えるようなイメージで行うと伸ばしやすいです!

3.肩のストレッチ②

リハビリ通信H26.06_3
○腰のあたりで、片手でもう一方の手首を握ります。
○この時手首を握っている方に頭を傾けておきます。
○手首を引っ張りながら肩のあたりの筋肉を伸ばしていきましょう!

まとめ・ポイント

肩こりに限らず腰痛や膝の痛みなどを改善するにもストレッチは非常に有効な方法とされています。痛みを感じたときに伸ばすのも良いですが、予防的にもっとも期待できるのはお風呂上がりのように筋肉が温かく血行が良い時にストレッチを行うことです。休憩時間やお風呂後など短時間でも継続すれば効果は期待できますのでぜひ試してみてください!

〈注意〉
首・肩は神経や血管がたくさん通っている部分ですので、ストレッチをする際は反動をつけずに痛みがでない範囲で行ってください。
また肩こりに関しても様々な原因がありますので、お困りの方は医療機関に受診されることをお勧めします。

カテゴリー: リハビリ通信 パーマリンク