歩行器の話

皆さん歩行器をご存知ですか。歩行器は主に屋内で使用され、筋力低下、足の痛み等により、伝い歩き、片手すりでの歩行は不安だけど両手で体を支えれば足を振り出せる方等が使用されています。イメージ的には平行棒内で体を支えて歩行を行う様な感じです。
本稿では歩行器について少し紹介させていただこうと思います。

歩行器のタイプ

メーカーより高さの調節が出来るもの、コンパクトに折りたためるものからサイズ別、脚部オプション等が販売されています。
当院にある歩行器の一部を紹介します。

固定式歩行器
フレーム全体が固定されており、キャスターは無く、持ち上げて前方に移動させます。
両手で歩行器を持ち上げられ、両足でしっかり支えられる方等に適しています。
キャスター付き歩行器
前後脚に車輪が付いており、転がして前方へ移動させる事が出来ます。
歩行器を両手で持ち上げるのが困難な方等に適しています。
交互式歩行器
左右のフレームが交互に動く仕組みになっており、片方ずつを上げ交互に前方へ移動させます。歩行器を持ち上げるのは困難であるが、片方ずつであれば可能な方等に適しています。

脚部

脚部はオプションにより個々の能力に合わせて変更可能です。

車輪もストッパーも無いタイプの脚です。
このタイプでは主に歩行器自体を持ち上げて歩行します。
接地時の安定性に優れています。


ストレートキャスター
車輪は一方向に固定されており、直進に優れています。
車輪が小さい為、段差等に弱いです。 


スイングキャスター
回転可能なキャスターによりスムーズな方向転換が可能です。
異なる車輪のサイズもあります。 


キャスター付きストッパー
主に後脚に使用され、体重を掛ける事でストッパーが働きます。
車輪の無いタイプもあります。 

歩き方(ここでは固定式歩行器での歩行方法をご説明します。)


開始姿勢です。 歩行器を持ち上げ前方へ接地します。 前方へ接地後、両手でしっかり体重を支えます。 両手でしっかり体を支えたまま踏み出します。 これらの動作を繰り返します。

終わりに


適した歩行器を御使用いただくことで、介助量の軽減、移動の能力の獲得が可能となるではと思います。
サイズ、高さ、脚部選択は個人個人の能力、住宅環境により異なります。購入される際には医師や理学療法士などに相談してみて下さい。

カテゴリー: リハビリ通信 パーマリンク