睡眠と枕選び

はじめに

朝起きた時に首や肩、腰の痛みを強く感じることはありませんか?
原因はいろいろだと思いますが、もしかしたら枕がその一つかもしれません。
体に合わない枕で寝ていると、体のあちこちに負担がかかります。

人が寝ている時間

1日6時間睡眠とすると、1日の4分の1は寝ていることになります。これが1年になると約90日、人生80年で考えると約20年にもなります。こう考えると睡眠をおろそかに出来ませんね。

寝ている時の理想的な姿勢とは?

寝ている時の理想的な姿勢とは?基本は立っている時の姿勢を考えると良いと思います。
リラックスして立っている姿勢は体に負担の少ない自然な姿勢といえます。

枕の選び方

①まっすぐに上を向いて寝た状態で、胴体に対して首が約15°前傾位が理想的と言われています。
枕の選び方①

②横向きで寝た状態では、頭―胴体が一直線になるのが良いと言われています。
枕の選び方②
 
 
 
 
③上記の枕の高さで、息苦しくなく、楽に寝返りが出来れば良い姿勢といえます。

 ※これはあくまで基本的な考え方です。お体の状態により高さの調整方法は変わってきます。
  参考までにご参照いただき、ご自分が一番楽だと感じる枕をご使用下さい。

カテゴリー: リハビリ通信 パーマリンク