車椅子の機能について

車椅子を選択するときは、車椅子自体がその方に合っているか、生活用具としての機能を果たせているかを考慮します。以前、車椅子の種類と適応については紹介していたため、今回は機能について紹介したいと思います。

車椅子の機能

1.折りたたみ機能
自動車や玄関などの狭いスペースにも収納が可能です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

2.背シートの調整機能
脊柱の変形がある場合、脊柱のカーブに沿って張り調整を行うことで一カ所に圧が集中しないようにします。加えて安定性を得ることができます。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

3.座シートの調整機能
滑り座りとなる場合、仙骨のカーブに沿って張り調整を行うことで一カ所に圧が集中しないようにします。

4.肘置きの取り外し機能
横移動で移乗する場合に使用します。跳ね上げ式と脱着式があり、介助者ではなく自分で行う場合は跳ね上げ式が便利です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

5.肘置きの高さ調整機能
脊柱の変形等で左右の肘の位置が違う場合、肘置きの高さを左右で変えることで安定性を得ることができます。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

6.足置きの開閉機能
移乗動作で、利用者の足が足置きにぶつからないように外に広げることができます。また介助者のスペース確保のために広げることもあります。足置きが片方のみで良い場合は、取り外しが可能なタイプもあります。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

7.座面の高さ調整
車輪サイズと取り付け位置を調節することで、座面の高さを対象者の身体に合わせることができます。

8.転倒防止バー
後輪のさらに後ろに車輪付きのバーがあり、後方への転倒を防ぎます。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

9.転倒防止装置付車椅子
立ち上がりと同時に自動でブレーキがかかります。移乗動作は可能でもブレーキ忘れによる転倒が予測される場合や、手の力が弱くブレーキ操作が困難な場合に使用することがあります。

※分解・調整が可能なモジュール車椅子であれば、上記の性能はほぼ(5,8,9を除く)備わっています。

生活の中で安全かつ楽に車椅子座位保持・移動・移乗動作が行えるように、利用者・介助者に適した機能を持った車椅子の購入・レンタルをお勧めします。上記の機能はモジュール車椅子を元に挙げています。よってリクライニング車椅子・電動車椅子など、車椅子の種類によっては他にも様々な機能があります。車椅子の購入・レンタルの際は、ケアマネージャーや、福祉用具の関連店にご相談下さい。

カテゴリー: リハビリ通信 パーマリンク