手すりについて

歩きにくくなったとき、立ち上がりにくくなったときなど、つかまる物、支えになるものが欲しくなりますね。
そのようなときに活躍する物の一つ「手すり」について今回は取り上げてみたいと思います。

手すりの種類

手すりは玄関アプローチ、玄関、廊下、階段、洗面、脱衣室、浴室、トイレなどに設置されることが多いですが、使用方法別に分類すると2種類に分けられます。

移動の補助 動作の補助
移動するときに手を滑らせながら使われる手すり(ハンドレール) 

  1. 廊下を歩く際の水平移動、階段の昇り降り、部屋の内部や屋外の移動などで使用
  2. 肘や手のひらで支えられたり、手を添えやすいもので、直径は32~36mm程度
立ち座りや乗り移りのときに、しっかりと握って使う手すり(グラブバー) 

  1. 玄関先での立ち座り、便器の立ち座り、浴槽の立ち座りの補助などで使用
  2. しっかりと握る必要があり、直径は比較的握りやすい28~32mm程度

いろいろな手すり

手すりとひとことで言っても、様々な手すりがあります。それを一部ご紹介したいと思います。

【工事の必要がない手すり】

「浴槽簡易手すり」や「トイレ用据え置き式手すり」があります。

浴槽簡易手すり トイレ用手すり
浴槽縁に挟み込んで使用します。コーナー部分に取り付けることができるものもあります。 トイレに置いて使用します。
②は折りたためます。
③は握らずに平らな面に肘や手のひらを置いて使えます。

廊下や部屋の中でも使える工事の必要がない手すりもあります。突っ張って固定する垂直型手すりに付属品をつけて、移動用横手すりとして設置したり、立ち上がり用手すりとして設置するなどできます。

【ちょっと変わった手すり】

遮断機式手すりブラケット 襖用着脱手すりブラケット 波形手すり

遮断機のように上げ下げでき、目的の場所まで手すりを連続させることができます。

手すりの連続性を保ちながら、押入れからの出し入れの際などに着脱ができます。

取っ手のように身体を引き付けたり、杖のように持って使うことができます。
室内用手すり支柱 可動式・手すり取り付けレール
床面に取り付け、壁のないところでも、手すりを連続させることができます。
身体状態に合わせて手すりの高さを変えることができる部材です。

おわりに

たかが手すりされど手すり。今回紹介したものは、ごく一部で、様々な材質・特徴をもった手すりがあります。とても便利な物ですが、設置することで空間が狭くなってしまったり、結局使わないといったことも起こり得ます。使う方の動作能力・特徴や目的、使う場所、予算などによって、設置の位置、形状、太さ、材質、住宅状況などを検討する必要があります。必要だなと感じられたら、担当の介護支援専門員(ケアマネジャー)や理学療法士・作業療法士にご相談ください。また、福祉の催しなどで展示されていることがあります。そのような機会に出かけて、見て触ってみるのはいかがでしょうか。

カテゴリー: リハビリ通信 パーマリンク