インフルエンザについて

インフルエンザは毎年冬の便りが報じられる11月上旬から散発的流行が始まり1月には爆発的に患者数は増加し、2月までピークとなりその後急速に減少して4月頃ほぼ流行は終わる。
わが国の大流行時には数千から数万人が死亡すると推定される。高齢者の合併肺炎、乳幼児の脳炎・脳症は重篤である。

最近、保険適応でインフルエンザの迅速診断キットが使用でき、これまで臨床症状とウイルス分離に頼っていた診断法が簡単になり治療法も抗インフルエンザウイルス薬の適応で大きく変わり治療効果を挙げている。

予防についてはインフルエンザワクチンがあり、高齢者や集団居住者、慢性肺疾患・心疾患・糖尿病・妊婦などのハイリスク者への接種は合併症を減らし死亡率を下げる。中学生以上は1回接種で十分に免疫抗体価が上昇する。現在65歳以上の高齢者の接種費用の一部を地方自治体で負担して行われている。

インフルエンザの基礎

インフルエンザウイルスにはA、B、Cの3型がある。ウイルス粒子の表面にはヘムアグルチニン(hemagglutinin:H)とノラミニダーゼ(neuraminidase:N)の2種の突起があり、各々ウイルスの宿主細胞への感染吸着時と遊出時に作用する。A型ではHとNの抗原構造の不連続変異によって亜型が出現しやすい。B型やC型には亜型はない。亜型は10から20年流行を繰り返した後次の型と交替するが、一旦消えた型が数十年後に新型として出現する。現在、A香港型(H3N2)に加えてAソ連型(H1N1)の2亜型が同時に流行している。ワクチンは抗原構造の変化が大きいと無効となる。

インフルエンザを疑う症状

潜伏期は1から3日と短く、高熱とともに発症する。冬季の乾燥・寒冷時に多く、家族や職場、学校などに流行が見られるときに疑う。

症状は悪感、発熱、頭痛、腰痛、全身倦怠感などの全身症状に続いて鼻汁、咽頭痛、咳、痰、胸痛などの呼吸器症状が出現する。発熱は38から40度に及んで3から5日くらい継続し、発汗とともに解熱する。筋肉痛や関節痛とともに嘔気・嘔吐、下痢、腹痛などの消化器症状も見られ、重病感が強い。しかし、感染ウイルス量や体調の兼ね合いで軽症例もある。通常は約1週間で軽快して予後は良い。ハイリスク群に死亡例が集中する。

インフルエンザの検査法

インフルエンザの確定診断にはウイルス抗原や遺伝子の検出、ウイルスの分離が必要である。従来はウイルス分離か血清学的診断が用いられていたが時間がかかり病気が治癒した後の確定診断となっていた。最近、迅速抗原検出法が導入され保険適応になり、迅速に簡便に診断を決めることが出来、抗ウイルス薬の投与が的確に出来るようになった。鼻腔ぬぐい液、咽頭ぬぐい液などを用いて10から30分で結果が出るので一般の診療所・外来でも可能であり、A型とB型の区別も可能である。ウイルスが盛んに増殖している発病2日以内の検査が望ましい。2日以後にはウイルスは減少し始め陽性率が低くなる。

インフルエンザの治療

通常の風邪と同様に安静にして十分な休養を取り、十分な水分と栄養を摂取する一般療法や感冒剤、鎮痛解熱剤や鎮咳・去痰剤等を服用する対症療法があるが抗インフルエンザウイルス薬の服用が根本的な治療である。抗インフルエンザウイルス薬にはシンメトレル、A型のみ適応で経口とノイラミニダーゼ阻害薬のリレンザ(吸入)、及びタミフル(経口)、A型,B型いずれにも有効とがある。3から5日服用するが、発症2日以内の服用開始で有効性が得られる。膿性の痰が出て細菌の二次感染が併発すれば抗生剤を服用する。解熱剤のジクロフェナクナトリウム(ボルタレンなど)は脳炎・脳症の関与が疑われ飲まないほうが良い。

インフルエンザの予防

流行時マスクをする。外出後のうがいと手洗い、体力を消耗しないように休養を取り、食事を管理するなど健康管理は重要である。

インフルエンザワクチンは有効であり、A香港型、Aソ連型およびB型のインフルエンザウイルスに対して70%以上の発病防止効果があり、以前指摘された副作用は少なくなっている。65歳以上の高齢者、老人ホームや集団生活施設居住者、慢性の心臓病、慢性の肺臓病、糖尿病、腎不全、妊婦、免疫力の低下した人に勧められる。益田市では65歳以上の高齢者は2000円の自己負担でインフルエンザワクチンを病院、診療所でしている。

インフルエンザのポイント

  1. インフルエンザは他の風邪と違い死亡率の高い病気である。
  2. ワクチン接種によってインフルエンザの重症化を防げる。
  3. 発病しても早く抗インフルエンザウイルス薬を飲めば,軽症で早く治ることが出来る。
  4. 流行期には、外出後のうがいと手洗い、健康管理が重要。

参考文献

1)神谷 斎:インフルエンザ.日医雑誌(特別号)2002;128(8):272-273
2)渡辺 彰:インフルエンザ;新臨床内科学、医学書院1997;7版:140-141
3)渡辺 彰:インフルエンザ;ガイドライン外来診療2002,日経メデイカル開発:36-40

文責:斧山医院 斧山英二

カテゴリー: からだのお話し パーマリンク