パンナコッタ風ミルクゼリー

パンナコッタとは、生クリーム、牛乳、砂糖を合わせて煮詰め、ゼラチンで固めたイタリアのデザートです。口に入れると甘くとろ~っと溶けるような食感で外食店や市販デザートでも人気なのではないでしょうか。
生クリームは脂肪分が多いので、口どけのよい食感を生み出してくれますが、同時に高エネルギーです。
牛乳とプレーンヨーグルトを使ってゼラチンで緩めに固めれば、生クリームの入らないエネルギー控えめのパンナコッタ風のデザートのできあがり。
普段はそのまま飲んだり食べたりする牛乳やヨーグルトが、少し手を加えればちょっとしたデザートになります。そのままでもよいですし、写真のように上にジャムやフルーツソースをかけてもおいしくいただけます。食材提供:日清医療食品

材料 ゼリー型4個分

牛乳
200g
プレーンヨーグルト
120g
砂糖
大さじ2・1/2
ゼラチン
小さじ1
バニラエッセンス
少々
大さじ3

※お好みでジャムや缶詰フルーツ

栄養成分 (1人分)

エネルギー
79kcal
たんぱく質
3.7g
脂肪
2.8g
炭水化物
9.9g

作り方

    下準備

  1. ゼラチンを分量の水でふやかしておきます
  2. ゼリー型を用意しておきます
  3. 調理

  4. ③鍋に牛乳、プレーンヨーグルト、砂糖、バニラエッセンスを入れて火にかけ、温まってきたら①のゼラチンを加え沸騰直前くらいの火加減でかき混ぜながら完全に煮溶かします
  5. ゼラチンが溶けてなめらかになったら火からおろし、ゼリー型に等分に入れます
  6. 冷蔵庫で冷やし固めます
  7. 固まったらできあがりです。好みでジャムや缶詰フルーツをミキサーにかけたフルーツソースをかけていただきます
カテゴリー: 健康食の鉄人 タグ: パーマリンク