れんこんまんじゅうのあんかけ

れんこんの旬は冬ですが、水煮で売られているものもあり、手軽に取り入れることができる食材です。整腸作用のある食物繊維や、風邪予防、美肌効果のあるビタミンC、そして、粘り成分は胃の粘膜を保護してくれる作用のほかに、花粉症緩和に効果があると言われています。
煮物や酢漬けにして食べられることがほとんどだと思いますが、今回は、れんこんをすりおろして使用する料理を紹介します。じゃがいもと一緒に蒸すことで粘りも増し、もちもちとした食感を楽しめます。
食材提供:日清医療食品

材料(4人分)

れんこん
200g
じゃがいも
160g
小麦粉
20g
しょうが
2g
1.2g
にんじん
40g
グリンピース
20g
菜の花
40g

あん

だし汁
80g
濃口しょうゆ
4.8g
みりん
4.8g
片栗粉
4g

栄養成分 (1人前)

エネルギー
93kcal
たんぱく質
2.6g
脂肪
0.2g
炭水化物
14.2g
ビタミンC
50mg
食物繊維
2.2g

作り方

    下準備

  1. れんこん、じゃがいもは皮をむき、水にさらし、すりおろす。(水煮のれんこんを使用してもよい)
  2. しょうがはすりおろす、にんじんはみじん切りにする。
  3. 菜の花は半分の大きさに切り、茹でておく。
  4. 調理

  5. ①、②、グリンピース、塩を合わせ、まるく形を作る。
  6. ④を蒸し器に並べ、10分間蒸す。
  7. だし汁、濃口しょうゆ、みりん、片栗粉を火にかけ、あんを作る。
  8. 仕上げ/p>

  9. 蒸しあがったら、器に盛り、あんをかけ、菜の花を添える。
カテゴリー: 健康食の鉄人 タグ: パーマリンク