黒豆とこんにゃく煮

今年もまめ(健康)に暮らせますように・・・と、おせち料理に欠かせない『黒豆』はお正月には多くの方が食べられたことと思います。大豆は良質のたんぱく質を含み健康によいといわれますが、黒豆はさらにアントシアニンといわれる色素を含み、老化防止・動脈硬化や血栓症の予防、また疲れ目にもよいとされています。おせち定番の黒豆煮は日持ちもするように甘く煮てありますので、苦手な人も多く、また糖尿病などの食事制限のある方にはあまりお勧めできませんが、こんにゃくと一緒にお惣菜風に煮ると一味違いおいしく食べることができます。最近は水煮やドライパックの黒大豆も出回っています。手軽ですので、ぜひお試しください。食材提供:日清医療食品

材料(4人前)

黒豆(水煮)
80g
板こんにゃく
200g
だし汁
80g
24g
みりん
8g
濃口しょうゆ
8g

栄養成分 (1人前)

エネルギー
42kcal
たんぱく質
2.8g
脂肪
1.3g
炭水化物
3.9g
食物繊維
2.9g

通常の黒豆煮1人分(30g)では
約90kcal

作り方

    下準備

  1. こんにゃくは黒豆の大きさに合せてサイコロ状に切り、下茹でし、あくぬきをしておきます。
  2. 調理

  3. 鍋にだし汁、こんにゃく、黒豆(水煮)を入れて酒、みりん、濃口しょうゆを加えて弱火で煮含めます。乾燥の黒大豆を用いて調理するときは豆は上記の半量(40g)とし、水に一晩つけておき、鍋にたっぷりの水を入れてあくをとりながら豆が柔らかくなるまでゆでてから、②の調理を行います。
カテゴリー: 健康食の鉄人 タグ: パーマリンク