かぶのあったかあんかけ

今年の冬は例年よりも雪が多く寒い日が続いています。インフルエンザや風邪も流行し、体調を崩しやすい時期です。体を温かくしたり、規則正しい生活を心がけたり、体調管理がより大切になってきます。
お料理も、体が温まるものがうれしいですね。かぶは、根の部分にはビタミンC、でんぷんやたんぱく質の消化を助けるジアスターゼやアミラーゼ、食物繊維を含み、葉の部分にはカロチン、ビタミンC、カルシウムや鉄などを含み胃にやさしく風邪予防にも役立ちます。また、しょうがは体を温める食材をして有名です。旬のかぶに千切りとおろしのダブルしょうがのあんをかけた、彩りきれいな1品です。食材提供:日清医療食品

材料 4人前

豚ミンチ
20g
むきえび
80g
かぶ
1/2個(60g)
かぶの葉
40g
にんじん
40g
しょうが
40g
だし昆布
適宜
コンソメ
5g
塩・こしょう
少々
片栗粉
小さじ1

栄養成分 (1人前)

エネルギー
53kcal
たんぱく質
5.3g
脂肪
0.8g
炭水化物
6.1g
食物繊維
1.6g

作り方

    下処理

  1. 蕪は根と葉の部分に切り分け、根の部分は皮をむき横に半分に切り、切り口の中央部分をスプーンなどで浅めにくりぬきます(あんが乗りやすいようにくぼみをつくる)。葉の部分は5mm幅くらいのざく切りにします。
  2. にんじんはみじん切りにします。
  3. しょうがは半量を千切りに、半量をおろし金でおろします。
  4. 調理

  5. かぶはだし昆布を敷いた上に並べ、蒸し器でやわらかくなるまで蒸します。皿に昆布を敷きかぶを並べてラップをし、電子レンジで加熱してやわらかくしてもよいでしょう。
  6. あんを作ります。鍋に豚ミンチ、むきえび、千切りしょうがを入れ、かぶるくらいの水とコンソメを加え火にかけます。
  7. 火が通り色が変わってきたらにんじんとかぶの葉を加えやわらかくなるまで加熱します。
  8. 塩こしょうで味を調え、おろししょうがを加え、同量の水で溶いた片栗粉をくわえてとろみをつけます。
  9. 仕上げ

  10. 器にかぶを盛り、上からあんをかけてできあがりです。
カテゴリー: 健康食の鉄人 タグ: パーマリンク