納豆のかき揚げ

納豆は“血液さらさら”食品として、テレビなどでもよく取り上げられます。その血液さらさらの原因は、納豆菌がつくる納豆キナーゼという成分が固まった血液を分解し、血液の流れをよくしてくれるためです。また大豆から作られますので、良質なたんぱく質を含み、ビタミンや食物繊維も豊富に含んでいます。
体にいいのは分かっていても、なかなか食べにくいという方も多いのではないでしょうか?また今回のレシピは納豆独特の臭いもやわらぎ、納豆が嫌いな方でも食べやすいと、当院の栄養教室でも評判の1品です。ただ油で揚げてありますので、おいしくても食べすぎには要注意です。食材提供:日清医療食品

材料(4人分)

納豆
160g
玉ねぎ
80g
人参
80g
パセリ
少々
小麦粉
30g
25g
揚げ油
40g(吸収量)

栄養成分 (1人前)

エネルギー
225kcal
たんぱく質
8.3g
脂肪
14.8g
炭水化物
14.5g
塩分
0g
コレステロール
0mg
食物繊維
3.7g

作り方

    下準備

  1. 玉ねぎと人参は皮をむいて、千切りにします。
  2. パセリはみじん切りにします。
  3. 納豆はパックからあけ、ボールに出しておきます。
  4. 調理

  5. ③のボールに下準備しておいた、玉ねぎ・人参・パセリを加え、納豆と和えるようにして混ぜます
  6. 溶き卵と小麦粉をふり入れ、全体に混ぜあわせます。
  7. 8等分になるように、スプーンなどですくいながら、中温に熱した油で揚げます。
  8. きつね色に色づく程度まで揚げます。
カテゴリー: 健康食の鉄人 タグ: パーマリンク