焼き春巻き

普段、何気なくとってしまっている油ですが、調理方法によって油の給油量は大きく変わってきます。一般的には、和食料理、洋食料理、中華料理と順に油が多く必要になってきます。ダイエット中やコレステロールの気になる方は中華料理は避けたいものです。今回は、そんな中華料理もヘルシーに食べられるように、いつもは揚げる春巻きを焼いてみました。さらに、中の具も野菜やきのこをたくさん入れて、食物繊維がたっぷりです。食材提供:日清医療食品

材料(4本分)

豚もも肉
200g
チンゲンサイ
1束
しいたけ
1袋
えのきだけ
1袋
しめじ
1/2パック
大さじ1
塩こしょう
少々
コンソメ
少々
ごま油
小さじ1/2
春巻きの皮
4枚
酢しょうゆ
お好みで

栄養成分(1本分)

エネルギー
148kcal
たんぱく質
14.0g
脂質
6.5g
炭水化物
10.9g
塩分
0.1g
コレステロール
33mg
食物繊維
3.5g

作り方

    下準備

  1. 中の具(豚もも肉、チンゲンサイ、しいたけ、えのきだけ、しめじ)は適当な大きさに切っておきます。
  2. 調理

  3. フライパンにサラダ油を熱して中の具を炒め、塩こしょう、コンソメで味をつけます。しんなりして、水気がなくなったらごま油で香りづけします。
  4. ②をバットにあげ、冷まします。
  5. 冷めたら4等分して春巻きの皮で包みます。
  6. フライパンにサラダ油を熱して、④をカラッと焼いて仕上げます。
  7. 斜めに切って、もりつけます。
  8. お好みで、酢醤油などでどうぞ。
カテゴリー: 健康食の鉄人 タグ: パーマリンク